ヒト型ポートフォリオ

THREeが独自に開発した、まるで人が運用しているような最適な入札単価調整・キーワード追加を自動で行う画期的なポートフォリオ、それが「ヒト型ポートフォリオ」です。

ポートフォリオをより簡単に、より使いやすく変える!
「まるで人が運用しているような最適な入札単価調整・キーワード追加」を自動で行ってくれる
画期的ポートフォリオを作り上げました。

元来のポートフォリオとは?

現在、「ポートフォリオ」という名前のリスティング自動入札ツールは数多くのベンダーから提供されております。
それらのツールは、アカウントの全体最適を目指して統計学による予測モデルを用いるものと、キーワードの個別最適を目指して予測モデルを用いるものに大別されますが、そのロジックの特性上、ある程度まとまったデータサンプル数を必要としたり、機能自体のチューニングが必要になったりなど、以下のような多くの課題を抱えています。

  • データがないと、
    何もしてくれない。
  • 手動で運用する感覚と
    かけ離れた入札が行われる。
  • 設定がややこしく、
    制御しづらい。

そこで大手代理店での運用経験を積んだリスティング広告運用のプロフェッショナル
開発チームに参画し、運用者の入札戦略をアルゴリズム化!

まるで人が運用しているような最適な入札を自動で行う
画期的ポートフォリオ「ヒト型ポートフォリオ」完成!

ポートフォリオが、変わる瞬間。

ヒト型ポートフォリオは、「KPI」と「予算」を設定するだけの簡単操作のみで、データが少なめのアカウントでも、まるで人が運用しているように最適な入札を自動で行ってくれます。
運用者の入札負担を大幅に減少させ、これまで自動入札機能の恩恵を受けることができなかったミドル層以下の広告主様にも、今までにない価値を提供します。

自動入札ツールに悩みを抱えているリスティング広告運用担当者様は、
ぜひ一度この新ポートフォリオをお試しください。

簡単なチューニング&短い作業時間で面倒な入札調整が簡単に行えます

数あるリスティング運用ツールの中で、
唯一少予算アカウントにも対応!

目的に合わせてポートフォリオのロジックを使い分け

アカウント毎に異なる目的に合わせて、ポートフォリオのロジックを使い分けることができます。

とりわけ、少予算アカウントはコンバージョンが少ない・ゼロの場合が多く、不動産系アカウントなど、荷電の割合は多いアカウントでは顕著です。

THREeなら、目的に合わせてロジックを使い分けることが可能。例えば「クリック最大化」をロジックは、少ないコンバージョンデータで最適化するのではなく、できるだけ低いクリック単価でできるだけ多くのユーザーを集客して最適化します。

クリック単価の低いキーワードが表示されるように入札強化したり、クリック単価の低い検索クエリをキーワード追加することで、予算を最大限活用します。

他にも、「CV最大化」「CPA/ROAS最適化」といったロジックがあります。

クリック最大化・CPA/ROAS最適化・CV最大化

月予算に基づき、日予算を自動調整。安心・確実に予算管理を行えます

予算管理に必要な設定は「月予算」のみ!
これだけで、ポートフォリオが毎朝、自動で残予算から適切な日予算を算出して、効果的なキャンペーンに予算を寄せて配信します。

特に、休日に予算管理できない不安から解放されるのは、全ての運用者が望んでいる価値です。

また、パフォーマンス面においても、ポートフォリオが日予算を適正に設定することで、右記事例のように大きな改善が期待できます。

毎日の日予算配分最適化にて、コンバージョン数200%UP

検索クエリを基にキーワードを自動追加

リスティング広告を運用していくと、効果的なキーワードと、効果的ではないキーワードに仕分けされます。

効果的なキーワードは入札を強化し、引き続き運用していきますが、そうでないキーワードは入札抑制する為、全体の配信量は縮小してしまいます。

そこで「クリック最大化」や「CV最大化」の目的に応じて「できるだけ低いクリック単価のクエリ」や「コンバージョンを獲得したクエリ」を自動的にキーワード追加することで、予算を無駄に余らせてしまうことなく運用できます。

また、追加したキーワードは、ポートフォリオにより自動で入札調整する為、継続的なパフォーマンス改善が期待できます。

目的に応じて「できるだけ低いクリック単価のクエリ」や「コンバージョンを獲得したクエリ」を自動的にキーワード追加
TOPへ